美顔器で目指すのはどんな肌?目指す肌別、機種選び

たるみやしわ対策なら高周波で温める

美顔器には、高周波で温めるタイプやローラー、イオンクレンジングなど、様々な種類があります。漠然と美しくなりたいといっても、顔のたるみやしわをなくしたいのか、それともしみやくすみを取って美白したいのかといった悩みによって、適した美顔器も変わってきます。
顔のたるみやほうれい線、マリオネットライン、小じわの対策なら、高周波の力で肌内部の血液循環を促す美顔器がおすすめです。別名サブマイクロ波とも呼ばれる高周波は、たるみの原因である真皮や皮下組織、筋肉にまで到達し、生体内で熱に変化します。その結果、血行促進とともに、真皮でコラーゲンを作っている繊維芽細胞が活性化されます。コラーゲンは肌の弾力の元となりますので、内側からハリが生まれてきます。

美白や毛穴対策ならイオンクレンジングで

美顔ローラーはそのエステのようなマッサージ効果によって、リフトアップや小顔対策になります。ただし、力を入れて転がしすぎると、肌にダメージを与え、かえってメラニン色素の生成を促してしまいます。さらに肌細胞を壊してしまうと肌がたるんできますので、気持ちがいいからといって、ころころし過ぎるのは要注意です。
しみや毛穴の黒ずみを取り除いて美白したいなら、イオンの力を使う美顔器が良いですね。毛穴がきれいになれば、美容成分の浸透率も高まります。古い角質や化粧カスなどの毛穴の汚れは、マイナスイオン化していますので、プラスのイオンで吸着するときれいになります。美白系の美容液を併用すれば、透明感のある肌が目指せます。その他、乾燥肌の保湿対策なら、超音波振動を与えるタイプの美顔器がおすすめです。

© Copyright Skin Care Equipment. All Rights Reserved.